悪い借金とは
借金にはよい借金があるという事も
お話しましたが、やはり借金は悪いもの、
というイメージが強いですね。

悪い借金とはどういった借金の事でしょうか?
考えるまでもなく、大方の予想はつくかもしれませんが…。

悪い借金とは、一言で言ってしまえば、
自分が満足したいがために借りてしまったお金です。

例えば、高級ブランドのカバンや時計、住宅や車、
そういった買い物がしたいからという理由からくるもの。

ただ、住宅や車の場合は返せる見込みがあったり、計画性がある借金は
悪い借金ではありません。

明らかに自分の収入に合っていなかったり、
収入が不安定なのに住宅や車を買ってしまう、というのが
悪い借金に入ると思います。

また、自分の趣味の為に計画性がないままお金を借りる、
例えばギャンブルで遊びたいからお金を借りるのも悪い借金ですね。

ギャンブルなので、負ければマイナスが出ます。
借金で遊んで負けると、さらに借金が増える事になります。
どれだけ勝てる自信があったとしても、
ギャンブルを理由に借金をするのはハイリスクです!



価格がそれほど高くないものでも、洋服や靴が欲しいからという理由で
軽い気持ちで借りてしまうのも、悪い借金です。
返せる見込みがないのに、どうしても海外旅行に行きたいから、
と借金するのも悪い借金。

借りる時に、これは悪い借金と理解していながら
借りてしまう人も少なくありません。
悪い借金とわかっていながら借りるのは絶対にやめましょう!

日々のやりくりがうまくできずに生活費を借金する人もいますが、
やむを得ない場合は別として、毎月の様に借りるのは悪循環です。
プラスが出ない限り、借金が増える一方で自分を追い詰めます。

返済日までに必ず返せる見込みがある金額のみを、
どうしても借りなければいけない場合にのみ借りるという風にしないと
悪い借金をする癖がついてしまいます。

よい借金か悪い借金か、判断してから、
そして返済ができるのかを考え抜いてから借金をするのか決めましょう。

Copyright (c) 2012 All Rights 借金について考える


メニュー
よい借金とは
悪い借金とは
借金には時効がある?
借金生活から抜け出す
借金をした人のリアルなブログを参考にする
キャッシングをする前に