借金には時効がある?


時効と聞くと、悪い例にはなってしまいますが、
何か事件があった場合にこの時効という言葉を聞くと思います。

この時効、借金にもあるのはご存知でしょうか?

ただ、勘違いしないでいただきたいのが、
借りっぱなしで時効まで待つと借金がゼロになる、
という訳ではありません。
もちろん、そんなおいしい話はありません!

貸した側も、借金の時効についてはもちろん理解している事なので
そうなる前に裁判を起こしたり、差し押さえをしたりといった
行動を起こす場合があります。

もしそうなってしまった場合は、
借金をしてからの期間が無効となります。
つまり、借金の時効が中断されるという訳です。

時効の期間については、借りた人によって違っていて、
貸金業者(銀行、消費者金融等)は5年、
個人(親、友人、知人)は10年となっています。

この時効を有効にさせたい場合は、
時効の援用というものを成立させないといけません。

借りた所へ、内容証明郵便で時効の援用の通知を送ったりと、
自分で動く必要があります。

内容証明郵便で送ったあと、相手の承認はなくても大丈夫ですが、
こうした行動を起こさないと時効の援用は成り立たないので注意しましょう。

また、そう簡単には借金の時効は成立しないという事も
頭に入れておいてください。

最初からそれを宛てにして借金をするのは大間違いです!

Copyright (c) 2012 All Rights 借金について考える


メニュー
よい借金とは
悪い借金とは
借金には時効がある?
借金生活から抜け出す
借金をした人のリアルなブログを参考にする
キャッシングをする前に